FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

生きるため だから しょうがない

おひさです
パソコンの調子が悪くて中々インターネットにつながりませんでした

100の御題
3:薬










一軒の小屋の中うち等はちゃぶ台を囲んで座っていた


「ねえねえ、恭子。武器、なんだった?」

「そういう理香はなんなのよ~」

「アタシ?ハリセン」

「漫才でもするん?」

「じゃあ恭子はなんなのさぁ~」

「うちは・・・・警棒?」

「何故疑問系?」

「気のせいでしょ」


うそ、うちの武器はもう一つある


「あ、せや。うち、なんか作ろか?」

「やった。アタシ、お腹空いてたんだ~」


理香の声を背に隣の部屋の台所に行く


このBRでは個人に配られる食料にもばらつきがあるみたいだ

理香はレトルトのカレーとシチュー
うちはオニギリ(塩のみ、鮭、おかかと書いてある)

・・・・・カレーにしよう


この小屋には非常食などが隠してあって、このほかにも干し肉とかあるし
新鮮そうな野菜も近くの畑にあった

大方の準備が終わり、ご飯とカレーを温めている途中に理香のとこへいく


「どうしたの?」

「ん、ちょっと特別ルール見直そうと思って」

「あ、アタシもみる~」


鞄に入った冊子を取り出す




     第 × × 回 B R 専 用 特 別 ル ー ル

1:今回のBRは五日間実施する
2:優勝者はその時点で生き残っていたもの三名とする
3:三名以上いた場合殺した人間の人数が多いもの三名とする
4:その際、優勝者以外の首輪は爆発する
5:一日に1人以上は殺すこと
6:一日1人以上殺さなかった(または殺せなかった)場合
  日付が変わると同時に首輪は爆発する
7:このゲームに反逆の意を示した者は反逆者として死刑とする
8:ゲームの流れにより特別ゲストが入る場合もある
9:最後に、本部への連絡方法を手にした場合、
  そのものは希望の武器を本部に要求できる権利がある




ざっとまあ、こんなもん

「うわ、1人以上殺さなきゃだめじゃん」

「・・・せやね」

「まあ、日付が変わるまでまだ半日あるから大丈夫でしょ」

「・・・せやな・・・・っと、そろそろ出来るころやね」

「カレー?」

「それとサラダ」

「わーいv」

「喜んでもらえて幸いです」

「ははっ。あ、アタシ、トイレに行って来る」

そういって彼女は外にある公衆便所に行った

うちは台所に行くと真っ白な皿を取り出してカレーを盛り付ける

「・・・・・・・・」

手にしたソレを理香の皿に振掛ける
同じようにうちの皿にも振掛ける

そうじゃないと確実に死なないと思うから





「いっただきま~す!!」 「いただきます」


バクバクと食べる理香の様子を見る

「あれ?食べないの?」

「あ、うん。あんま食欲ないねん」

「食べたげよか?」

「お願い」


うちのもう一つの武器

それは・・・・



「ぐっ・・がっは・・」

理香が血を吐き出す

「・・・・」

うちは黙ってソレを見つめる

「きょ・・・こ・・・なん・・」

一生懸命手を伸ばしてくる理香の手を振り払う


「うちは生きたいねん。せやから




     理香に死んでもらいたい」




うちのもう一つの武器

毒薬


説明書によれば無味無臭で無色透明
遅効性だけど効果は抜群
致死量は少し大目

本当は彼女には使いたくなかったでも


「うちのこと、殺すつもりやったんやろ?」


彼女の足元から鉈を取り出す

たぶん、トイレに行ったときに畑で取って来たんだろう
台所からは畑がよく見える

  『 こんなもんでいっか~ 』

そういった彼女の顔は忘れない

あれは

殺す目だった



「ごめんな・・・」

もう動かなくなったソレの頭を撫でる



「うち、もう行くわ」

「誰か来たら困るし」


「生きたいし」





うちは小屋を出る
鉈を片手に


よく本で人を殺すことはやめられないと登場人物が言うけど
それは本当だってわかった

今のうちは人を殺したいという気持ちがたくさんだ

誰でもいい

何でもいい

殺したい


麻薬中毒ってこんな感じかな・・・

と壊れた頭の隅で考える

足りない
足りない
足りない
足りない
足りない
足りない
足りない
足りない
足りない
足りない
欲しい
欲しい
欲しい
欲しい
欲しい
欲しい
欲しい
欲しい
欲しい

殺す人が欲しい

生きるため

楽しむため

うちは

仲間だったものを

殺す


残り 37人


訂正
前回参加者数を30人としていましたが
40人の間違いです
すみません
スポンサーサイト
19:57 | 詩または短編小説 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Ardente | top | 動き出した 狂った 宴

comments

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://starnightsky.blog68.fc2.com/tb.php/25-e1f27ff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。